趣味の空間とつながりを両立したひら家

M様邸邸

収納力たっぷり、
開放感も与えてくれるロフトに大満足

いつかはマイホームを、と思いながら一歩踏み出すきっかけがなかなかつかめなかったというM様。いざ工務店を探し始めたところでどのサイトにも出てくる「まずは資料請求」の文言にうんざりしていた時、トクエホームと出会ったことで家づくりが一気に動き始めました。

「トクエホームさんとは、最初から会って話せたのがとても良かったです。また、あらかじめ用意されたプランから選ぶ『規格型住宅』を採用されているのも、自由過ぎると迷ってしまう僕たちにはピッタリでした」とご主人。「建てるならひら家」と最初から決められていたこともあり、家づくりはとてもスムーズに進みました。

新しい家で暮らす中、特によかったと思うのは「ロフトを作ったこと」だそう。「引っ越しのために荷造りをしてみると、思った以上に物が多くて。ひら家にした分、収納スペースが限られてくるのでロフトがあって本当によかったです」と奥様。ロフトを作ったことで天井高が上がり、開放感も増して大満足の空間が完成しました。

家族の気配を感じながら
ひとりの時間を楽しめる

夫婦それぞれの個室を作ったことで、趣味の音楽によりいっそう没頭できるようになったというご主人。マイホームができたあかつきには、とひそかに狙っていたオーディオ機器や椅子をそろえて、夢の空間を実現されました。

「2人がそれぞれ部屋にこもって別のことをしていても、自然と家族の気配を感じられて安心するのもひら家のいいところだと思います。トクエホームさんのひら家は、廊下も階段もないワンフロア。無駄のない間取りで回遊性もよくて、とても気に入っています」と笑顔があふれます。

WB工法が実現した“結露しない家”

お気に入りのポイントを尋ねると、「家自体の工法」と即答してくださった奥様。「前に住んでいた家では冬が近づくとすぐ窓ガラスが結露していたのですが、今はそれがありません。家が呼吸しているんだなと感じます」。トクエホームが採用しているWB工法の家は、自然の力を利用して通気と断熱を両立しているのが特徴。夏は壁の通気口から床下の冷たい空気を取り入れ、冬は通気口を閉めて熱の流出を防ぐことで、1年中快適な空間をキープすることができます。

建設中の現場にもよく足を運んでくださったご主人。「職人さんって頑固でぶっきらぼうな印象があったけど、みなさん本当に優しくて親しみやすい人ばかり。周囲への印象も良くて、安心して引っ越ししてくることができました」と、嬉しいお言葉をいただきました。

担当スタッフからのコメント

ご夫婦2人で長く快適に暮らせるようにと、ひら家をご希望されたM様。
おすすめしたロフトや無垢材のフローリングをとても気に入ってくださり、担当者としてとても嬉しいです。新しい家で過ごす初めての冬、そして全ての季節を通じて、WB工法の家で暮らす快適さを実感していただければと思います。
[専務取締役 : 日野文麿呂]